私たちステラプラスが提唱する“リニアクラウド”についてご説明します

リニアクラウドとは
会社概要
お知らせ
お問い合わせ
twitterでシェア
facebookでシェア
google+でシェア
Home
リニアクラウドとは
激化する企業間競争において、保有するデータを「価値ある情報」に変えていくには、イノベーションが必要です。ビッグデータのハンドリングにおいて大型RDBの拡張だけでは限界があり、既存のクラウドサービスですべてを解決しようとしても、パブリッククラウドでは制約が多過ぎて細かな要求が満たされず、プライベートクラウドでは細かな要求を満たすためのコストが課題となるという状況にあります。
そこでステラプラスが提唱するのが、「パブリッククラウドと同等の機能を備えた」新たなモデル、『リニアクラウド』です。
クラウドサービスの利点であるコストや高速性、安定性、冗長性、一貫性を保持しつつ、ビッグデータ用のオープンソース分散処理基盤、HadoopやCassandora上での高速解析を実現。他の追随を許さない高速なアウトプットを得られるパフォーマンスをご提供します。
リニアクラウドの特徴

●高速大型ベースより廉価なマシンでパブリッククラウドの性能を実現
  -仮想化技術にも対応しています

●パブリッククラウドで困難なユーザーが求めるビジネスロジック上の調整を補完
  -特殊なSQL文への対応やマシンレベルでの調整も可能です

●プライベートクラウド以上の大量データ高速処理チューニングテクニックを実装
  -対象データを「どう早く処理するか」を実現できるサポートが充実しています

リニアクラウドの活躍が想定されるニーズ・シーン

●高速大型ベースより廉価なマシンでパブリッククラウドの性能を実現
-仮想化技術にも対応しています

●パブリッククラウドで困難なユーザーが求めるビジネスロジック上の調整を補完
-特殊なSQL文への対応やマシンレベルでの調整も可能です

●プライベートクラウド以上の大量データ高速処理チューニングテクニックを実装
-対象データを「どう早く処理するか」を実現できるサポートが充実しています